活性酸素とは?

活性酸素の基礎知識

毎日、私たちは肺で呼吸をしています。
これは、エネルギーを燃焼させるために、どうしても酸素が必要だからです。

 

食物から得たエネルギー物質を呼吸で取り入れた酸素を使って、「酸化」つまり燃焼させることで生命を維持しています。
このエネルギーを燃やすプロセスでATPという乾電池のような物質をつくり、これを使用して運んだり、作ったり、食べ物を分解しています。

 

しかし、困ったことに取り込んだ酸素がすべて完全燃焼されるわけではありません。
エンジンが排気ガスに一酸化炭素を出すのと同じように、呼吸量のおよそ2~3パーセントは活性酸素となってしまいます。

 

 

けれども、人間の身体には、この活性酸素から守る方法があります。
体のなかには、活性酸素を除去する物質も同時に備えられています。
それは、スカベンジャー(活性酸素を除去する物質)と呼ばれる体内で迎撃する戦士です。
活性酸素が発生してたとしても、私たちの体内のでスカベンシャーが迎撃し、体のサビを防ぐことができます。このおかげで、私たちは守られ病気にならずいるのです。

 

しかし、このスカベンシャーのサビ防止する力も、25歳前後をピータにして年齢とともに減少していきます。となると、25歳前後のスカベンシャーのピークを過ぎると、いつも活性酸素に負ける戦いを続けていかなければならないのでしょうか?

 

心配ありません。打開策があります。それは決して難しいことではないし、誰にでも簡単にできることです。

 

最近は、水素水が、理想的な抗酸化剤にて活性酸素を除去できることが研究でわかりました。
水素水は効果なし!ニセ科学!徹底検証サイト」にて本当に水素水は効くのか?どうか?説明されています。

 

呼吸するだけで活性酸素は発生する